読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

United hi

東京の日野周辺で活動してるスポーツチームのブログです。日々の活動やメンバーの日常を紹介していきます!

MENU

仕事がつまらないなら、割り切って他の目標に全力を注いでみる

f:id:united-hi:20170214001302j:plain


メンバーのMさんが最近よく口にするセリフがあります。それは、、、


仕事がつまらない


理由としては
①やりがいがない
②スキルが身につかない
の2つ。
 
といっても、Mさんが特別めずらしいというわけではありません。
 
アメリカのリンクトインが調査した「仕事のやりがいを感じているか?」という統計を見てみると、

・アメリカ、ドイツ、マレーシア 90%
・中国 80%(17位)
・日本 77%
 
日本は調査した26か国の中で最下位の結果。世界的に見ても、仕事に対してやりがいを持っていない人の割合が高いのです。
 
つまり、仕事にやりがいを見いだせていない人が周りにいてもなんらおかしくないと言えます。
 
そして、やりがいがないと悩む人によく降りかかってくる言葉が、
 
 
辞めてもっと良い仕事を探したらいいんじゃない?
 
 
この一言。
 
そりゃそうですよね、一番手っ取り早い選択が辞めることですから。
 
でも、よくよくMさんの話を聞いてみると
 
いずれ海外で働きたい!そのために、いまの仕事はやりがいはないけど、資金集めと割り切っている。
 
空いた時間を、英語の学習や海外の求人情報をチェックする時間に当てていました。
 
周りの人の辞めたほうがいいんじゃない?というプレッシャー。もちろん、声をかけてくれる人たちは、本気で心配してアドバイスしています。
 
けれど、辞める選択をしたあとは誰も責任はとってくれません。すべて自己責任です。
 
私も会社は2社経験しており、その日々の中ではえ?なんでそうなるの?という理不尽なことはありました。

例えば、仕事内容を自分で選んだつもりでも、会社の都合で部署が変われば、望んでいた仕事とはかけ離れた仕事をすることだってあります。
 
Mさんもそんな1人です。
 
けれど、たとえ運悪くやりがいの分からない部署に入っても、そこから別の目標を見つけて這い上がる心があるならカッコイイです。
 
もし今の環境がつまらないなら、別の目標を見つけて全力を注いでみるのもありです

他人からはやめた方がいいと言われても、自分が納得するまではまずやってみた方が絶対後悔しません。

死ぬ直前に「あれに挑戦しておけばよかった・・・」なんて思いたくないですよね。
 
人生、自分を最後まで楽しませることができるのは、結局自分だけ。

Mさんと話してそんなことを考えた1日でした。

それでは、また!